ゆるゆる日記

ふじさきのにちじょうのきろく

【就活】私が採用試験・面接で気をつけたこと【転活】

こんばんは。

この度、新しいお仕事が決まりました!

新採用時代と今回と、スムーズにお仕事が決まった私の自己PRや面接で気をつけたことについてまとめたいと思います。

 

今回、かなり長文です!

 

 

1私の就活に対する考え方

就職活動ってよく本などにも書かれていると思いますが、自分を売り込む場だと私は考えています!自分を飾りすぎず、いいところだけをしっかりアピールしていきましょう(^^)

とにかく楽しんで!元気よくやりましょう♪

 

2自己PR

私は、自己PRで悩むといつも、ゼミの教授が先輩の就活のときにしていたアドバイスの言葉が浮かびます。(※私は教育学部でした)

教育学部は、教えることを学ぶ学部、つまり相手に伝えることを学ぶんだ。営業では、この相手に伝える技術を活かしていきたい、って言ったらどうだい?」

言葉は変わってますが、こんな内容です。あ〜なるほど、うまい!って思いました。そして、実際に面接でも使わせてもらいました(笑)

学問の内容をそのまま活かすって難しいですよね。それに、企業にはその分野に自分よりも長けた人がたくさんいるはずです(いない時も勿論あると思いますが)。じゃあ、学問を通して身につけたものにスポットを当てればいいじゃないか!すごい!教授、天才!!

 

そんな教授の影響を受けまくり、私も自分の過去の経験から学んだこと、身につけたことを上手く仕事内容に結びつけて書くように気をつけていました。その方が具体的に書いている印象を持ってもらえると思います。

例えば、私は教育学部だけど建築・土木関係の会社を受けた時の志望理由は、「教員は目の前の子どもを相手にしますが、建築・土木では子ども達が安心・安全に生活するための社会をつくることができ、そこに魅力を感じました。」みたいな感じです。自分の学部と縁の遠そうな企業を受ける時に、消去法で選んだんじゃないよ!とアピールできると好印象だと思います。

 

エントリーシートも書くのにとっても時間がかかりますよね。私は転職の際も長々と書かないといけなかったのですが、2週間くらいうだうだ書いては消し、消しては悩み…を繰り返しました。指定された内容について適切に書けているか?項目ごとに書く内容は違っていても、全体を通して読んだときにブレないように、そして「こんな人なんだな」って良いイメージをもってもらえるか?を意識しすぎて時間がかかったのです。でも、ここで一本筋の通ったエントリーシートが書けていれば面接の時に楽になります。

 

3面接

 なんといっても緊張するのが面接!周りを見るとリクルートスーツばっちりきまった、賢そうな人ばかりですもんね。そりゃあ緊張するに決まってます!でも、逆にそれを楽しんじゃいましょう!どうせ自分は自分。緊張しようが、楽しもうが出てくる答えは一緒です。でも緊張しすぎて自信がなくなるよりは楽しんで堂々と言えた方がいいはず。

そして、集団面接の時に思った事。偶然だとは思うけど皆似たような自己PRしてた。「部活で◯◯の役職をしてて〜」とかでしたよ。私もだけど。緊張しすぎるのは損だと思う。

そんな私ですけど緊張はします。面接官に「役員面接で緊張しない?」と言われたら正直に「緊張してます!」って言っちゃいます。そしたら面接官も笑ってくれる時もあります。すっごく楽になります。畏まってキッチリ答えようとすると、私のアホさがバレるので、目の前のおじさま達と「楽しく会話しよう!」と思うと、キャッチボールが成立します。これが、よく就活本などに書いてる「コミュニケーションが取れるか、一緒に働きたいか」に繋がると思うんです。話の中身も大事かもしれないけれど、雰囲気もとっても大事。私は表情も楽しい話では思いっきり笑顔で、質問に困ったときには困った顔をしてました。(ただ顔に全部出てしまうだけなんですけどね(^^; )

そして話の中身って「どんな経験をしてどう考えて来たか」も見られると思うけど、きっと何度も面接で似たようなことを繰り返し訊く中で「この人の回答にブレはないか」の嘘発見テストだったりもするんじゃないかなぁ。その部分を強化するためには自己分析と企業研究、そして自己PRを練る事ですよ。

 

たまに、話し方が子どもっぽい感じで、声で損してるな…と思う人がいます。口をしっかり動かして、NHKのアナウンサーさんみたいに落ち着いた話し方ができると印象がいいですよね!知らない番号から電話がかかってきた時なんかに、アナウンサーになり切って、落ち着いた感じで電話に出る練習をしたらどうでしょう?

 

4服装など

 服装や見た目の印象って短時間の面接では大きな問題ですよね。でも、自分なりにこだわりを持ってチェックしていけば、顔を変えることはできませんが、印象を左右することはできると信じています!そして、面接の時に自分に自信をくれるのはその日の服装です!身だしなみを整えるのは失礼のないようにするためですが、自分のためにもキチンとしておきましょう(^^)

 

まずは、自分をどう見て欲しいのかを明確にしていきましょう!

カッコよくバリバリ仕事ができそうな人?

ふんわりと柔らかく、柔軟に動けそうな人?

この2つの選択肢でも、目指す服装って随分変わってきますよね!私は落ち着いた柔らかい雰囲気を目指してスーツやメイクを選びました!

 

まずスーツですが、私は紺のスカートタイプにしました。黒=喪服のイメージがあるので黒は選択肢にすら入りませんでした。リクルートスーツって何で黒が主流なんですかね?疑問です。グレーもいいな、と思ってはいたのですがお店にあったグレーのスーツは私が思ったよりも明るかったので紺にしました。落ち着いて柔らかく見えるので一緒に買い物に行った母も納得でした。

そしてスカートorパンツ問題ですが、私は脚が太くてパンツの方がすっきりスタイルよく見えるのですが、受けた企業が男性の比率が高い会社だったり、お固い印象の公務員系だったりしたのでスカートにしました。仕事内容もアクティブに動き回るイメージではなかったので、スカートで落ち着いた印象を狙いました。

自分が希望する仕事の内容に合わせて印象操作したらいいと思います!

 

転職の時は、社会人だしとりあえずスーツだったらなんでもいいや!と思って、ユニクロのグレーのストライプのスカートで行きました!結局清潔感あればなんでもいいかもしれません!

 

シャツですが、夏場の面接でジャケット不要の時は半袖をオススメします!長袖だとカバンを肩にかけたり、腕にかけたりした時のシワが気になりますが、半袖だと腕にかけておけば服にシワはできないので私は気が楽でした(^^)面接でも自信もっていけます!

 

メイクで気をつけたのは眉です!普段からそんなに濃いメイクではなくシンプルなので、面接でも基本いつも通りメイクしていました。でも、眉だけは流行のものにならないように、オーソドックスな描き方を意識してました。

チークは健康的に見える程度に。コーラル系にしました。濃すぎなければOKと思ってます。私はチークはいつもプチプラ(セザンヌキャンメイク)です(^^)

リップは、テンション上がって、自分に自信が持てるようにデパコスのものを使ってました!新採用時はRMK、転活時はマキアージュのものを使ってました。面接前に塗ると気合いが入ります!(勿論、普段も使ってます♪)

 

 

5おわりに

 今回、とっても長くなってしまいました!なぜかというと私が面接の度に気合いが入るからです!自分の印象操作するのって楽しいよ!

王道を歩くのが嫌な人間なので、いかに私は違う道からアプローチしてます!って思われるかを考えてました。私って変な人ですね(笑)

社会人になって、友達からも面接の相談を受けてアドバイスしました。その時も「面接は印象操作!」ってひたすら押してました。そして友達は無事に希望のところに受かりました(^^) 今でも感謝されて嬉しいです。

 

私はそんなに真面目な人間じゃないので、周りの賢い友達みたいに正攻法で行きたくないひねくれた人間なのですが、そんな私の成功経験が、これからの就活生に何らかのプラスを提供できたらと思って書きました!

皆さんの就活で気をつけてたことって何でしょう?気になるので、私はこうだったよ!と言う方はコメントにお願いします(^^)